日記・コラム・つぶやき

2014年3月 7日 (金)

気が付けば2014年シーズン。

かれこれ1年放置状態だったこのブログ・・・

とりあえず生きてました。
大分トリニータのサポーターとしてはとてもとても苦しく悔しいシーズンでした。
4年ぶりのJ1は想像以上に分厚い壁が立ちはだかり、最終的には2勝しかできず、しかもその2勝はアウェイでホームでは1勝も出来なかったという、リーグ史にも残る不名誉な歴史も残してしまいました。
ダントツの最下位で、2014年は再びJ2で仕切り直しです。
リーグ戦では成績を残せなかった代わり、と言う訳ではないけれど、2013年は天皇杯でベスト8まで勝ち進みました。
こちらはチーム史上最高成績。
12月下旬まで「2013年の大分トリニータ」として選手たちと戦えたのは、サポ生活の中でも忘れられない時間でした。
気が付けば年が明け、チームも2014年バージョンとして始動。
思いがけない選手の移籍で「うっそぉ!」と呟く事が多かったけど、逆にチームに残ってくれた選手や、完全やレンタルで移籍してきた選手に大いに期待して、今シーズンを共に闘って行きたいと思っています。
2008年のナビスコカップ決勝に合わせて作ったのがきっかけで、毎年シーズン前までに完成させFC事務所へ届けている千羽鶴。
去年はシーズン途中にやっとこさ完成させ届けたのですが、チームの戦績も芳しくなく、結果J2降格になってしまったので、今年は絶対シーズン前に完成させる!と決めていました。
あと、去年まではレインボーカラーで綴っていたのですが、今年は趣向を変えてチームカラーである「青」と「黄」で作る事にしました。
開幕戦が3月2日のアウェイ水戸戦だったので、夜勤明けだった前日(3月1日)になんとか完成させて事務所へ届けてきました。
Dsc_0129 夜勤明けのボケボケの頭で綴って行ったので、50羽綴るところを45羽だったり55羽だったりしたものもあって長さがバラバラw
でも「開幕戦前に完成させて事務所へ届ける」という一番の目標を達成する事が出来ました。
私が届けた時には、既にチームは水戸へと出発していたので、受け取って下さった広報のお姉さんが事務所に飾り、水戸へ思いを送って下さっていました。
水戸へは私も遠征していたのですが、残念ながら1-2での敗戦。
特に後半は果敢に攻め続けて、得点を奪えそうな場面もいくつも見れていただけに、初戦を白星で飾れなかったのは本当に残念でした。
ただ、昨年何試合かJ2の試合も観戦している1人としては、J2も日々進化し、レベルアップしているのを感じていました。
一昨年戦ったJ2ともまた違っているような気もします。
サポとしても気を引き締めて、このシーズンを戦おうと思っています。
明後日3月9日は、いよいよホーム開幕戦です。
対するは地味に苦手な九州勢・ギラヴァンツ北九州。
トリニータらしい戦いで、昨シーズンずっと観れずに終わった「ホームでの勝利」を飾れるように、精一杯後押ししたいと思います。

2013年3月23日 (土)

トリサポ活動報告2013【2月号】

すっかりご無沙汰しております。

気がつけばリーグ戦も始まってしまいました。

試合毎に課題が見えるものの前回の課題の修正も見え、

試合毎に成長する姿を見せてくれている我らが大分トリニータ。

J1新入生!?の我がチームですが、奮闘しています。

開幕後既に遠征もしているのですが、その前に…

シーズン前に行った練習試合見学の遠征報告を。


2月9日(土)

この日は宮崎県西都市で大宮アルディージャとの練習試合。

昨年は宮崎市まで遠征しているので、今年はちょっとだけ近かったですw

道路地図で下調べはしてましたが、

スマホのナビ機能に協力してもらい目的地の清水台運動公園へ。

オフィシャルの観戦ツアーの皆さんも到着してました。 undefined undefined 練習試合をまともに?見るのはこれが初めてだったので、

出場する選手の風貌で「あれは○○かな?」などと想像したり…

まだ未完成ながらも、良い動きをしていました。

相手はJ1のチームだし、見ていてもその力の差は感じましたが、

でも全く歯が立たない、という訳でもなく、

開幕戦までにどこまでまとまってくるだろう?と期待の方が大きかったです。

その期待は間違ってないと、シーズンが始まってから実感しています。


2013年シーズンが始まりもうすぐ1ヶ月。

まだJ1初勝利を祝えていないトリニータですが、

ひとつひとつの課題を修正し、ひとつひとつ成長していくのが、

今のトリニータのスタイルではないかな?と思っています。


チームを信じて、勝利を願って、

今季も全国各地へ遠征したいと思っています!

2013年2月 7日 (木)

トリサポ活動報告2013【1月号追加分】

先の記事を更新した後、もうひとつ活動をしていたことを思い出しました。

追加です。


1月17日(木)

この日はトリニータの監督・コーチ・選手・スタッフ一同がニータン神社へ出向き、

神前でシーズンの必勝を祈願しました。

今までは休みも合わず、申請も間に合わなくて行ったことがなかったのですが、

今年は休み申請の〆切までに日程がリリースされたのですぐに申請。

無事休みを貰う事が出来ました。

Dsc_0564 ホームでもアウェイでも、毎試合前に出向きお参りしている私ですが、

こうして選手たちと一緒に必勝祈願するのは初めてでした。

拝殿の外にいる私たちサポーターにも、選手たちにするのと同じようにお祓いをしてくれて、

身が引き締まる思いがしました。

こうやって選手たちが一堂に揃っているのを見るのも初めて。

なんだかんだで新規加入の選手も多いですが、

開幕までに顔と名前、背番号を覚えて行かなくちゃなぁ・・・


これで忘れ物はない・・・はず・・・

トリサポ活動報告2013【1月号】

年が明け早1ヶ月。

相変わらず慌ただしく過ごしている今日この頃。

皆さまいかがお過ごしでしょうか???


さて・・・


今年も昨年同様、Jチーム中一番早くトレーニングを開始した我が軍・大分トリニータ。

必然的にサポーターも共に早く活動を開始せねばならん・・・と言う訳で、

今年も早々に活動を開始致しました!


OFF期間短!!


1月4日(金)

この年末年始も休みなく仕事をしていたので、年明け初めの休みが4日でした。

年明け初めての休みには必ず初詣に行く!と決めていて、この日に三社参りへ。

一番にお参りしたのが、我らが大分トリニータ宣伝部長・ニータンのご実家。

別府市亀川にある、ニータン神社 こと 八幡竈門神社へ行ってきました。

Dsc_0518_2 今年は宮司さんともお会いすることが出来て、少しお話を。

「昨日まで楯(プレーオフ優勝楯)を展示してたんですよ。昨日クラブの方が取りに来られてねぇ」

との事。

ツイッターのフォロワーさんたちの話では、どうやらクラブトリニータへ遠征している模様。

フォロワーさんたちの中で「まさか・・・楯が2つあるのでは???」という疑惑?!が持ち上がったので、

一応「ニータン神社にはなかったですよ」という証拠写真をww


その後、大分市内の春日神社へ。

こちらでは、トリサポさんが屋台でお仕事をしていると聞いていたので、

年始のご挨拶と激励も兼ねてお邪魔しました。

「チームの始動が早いんで、今夜は新年会も兼ねてサポーターたちとの打ち合わせです」と・・・

今年、某サポクラの代表になられたとの報を後日聞きました。


三社目は大分県護国神社へ。

こちらは、例年巨大な絵馬、破魔矢などを展示することで有名です。

それらを眺めながら車へ戻り時計を見ると、まだクラブトリニータの営業時間。


ということで、

Dsc_0524 楯に会いに行ってきました。

宮沢キャプテンや田坂監督が、国立で高々と掲げていたプレーオフ優勝楯。

間近で、至近距離で、じっくり見させていただきました☆

後から、店員のお姉さんの計らいで一緒に写真にも納まりましたよ。(写真は載せれん)


そういえば、ナビスコカップ優勝の年は、

姪っ子と一緒に城島であったファン感に行き、そこでカップと一緒に記念撮影したっけなぁ・・・


1月10日(木)

去年は11日が始動日で、偶然休みでその始動の様子を見に行きました。

なんと今年も偶然休みが重なり、「これは見に行け!ということだな」と^^

さすがJ1復帰元年、という事もあり、取材陣や見学者の多いこと!

Dsc_0548 人垣の隙間から選手たちの様子を見学。

「あ!深谷がおる!」

「あの背の高い人が小松?」

「いやいや・・・高木かな?」

「むむ・・・全体的に背の高い人が増えたなぁ・・・」

などなど、ひとり心の中でぶつぶつと呟いてましたww

この日は天気は良いものの風が強く、

去年は選手幕も全て練習場のフェンスに掲げていましたが、今年はこれだけ。

Dsc_0551 すべてに感謝し ここから新たな歴史を』

というメッセージが掲げられていました。

昨シーズンのJ1昇格プレーオフへ参戦するまでの様々な出来事。

昇格支援金なんて、大分でしか出来ない事だったと思います。

「多くの人たちに支えられている」事を意識し、常に「感謝」の気持ちを忘れずに。

サポーターの立場でも、この気持ちは忘れてはいけないな、と改めて思いました。


練習初日から早速2部練習。

一日休みだったので、午後からの練習も見学し、

練習を終え帰宅する各選手たちへ「お疲れ様でした~」と声をかけつつ、

日暮れを待って、掲げていた弾幕のお片付けのお手伝いもさせていただきました。


「J2の6位からの挑戦」

監督は「J1へ殴り込みをかける」という言葉で表現し、

宮沢キャプテンは「トリニータ旋風を巻き起こしたい」と話していました。

簡単に上位へ食い込める程、J1は甘くない事は重々承知。

だからこそ、死に物狂いでトレーニングに励み、立ち向かっていかなくてはならない。


サポーターも同じこと。

チームの力に少しでもなれるように、準備をしていきたいと思っています。


まずはこれの作成に入りました。

Dsc_0555 ナビスコカップ決勝進出が決まった時、

何かをせずにはいられなくて、思いついて千羽鶴を作りました。

あの時以来、毎年シーズン開幕前までに完成させ、クラブへ届けています。

(確か一昨年は、シーズン中にけが人が続出したのをみていてもう一つ・・・)

今年も作り始めました。

今年もホームで開幕なので、大銀ドームでニータンに直接渡そうと思っています。

若干遅れ気味なのですが(^^;頑張ります!


さて・・・

開幕まで既に1ヶ月を切りました。

チームは現在宮崎でミニキャンプ(合宿)を実施中。

昨日は初めてJ1チームとのトレーニングマッチを行いました。

ミニキャンプ最終日である9日は、やはりJ1の大宮アルディージャとTMの予定。

この日は亡き父の法事日程の候補に挙がっていた為、休みを貰っていたのが、

日程が一週間後になったので、この日は宮崎へ遠征してこようと思っています。

もちろん、相棒“クラトリ号”と共に♪


シーズンオフの遠征はこれだけ。

2月はトリサポ活動の他に“ヅカファン活動”も忙しいのです(苦笑)

そちらの報告はまた別口で・・・

2012年12月31日 (月)

ゆく年。来る年。(2012年)

今年も残すところあと2時間程。

ここ2年は大晦日も元旦も仕事なので、なんだか年越しって感じがしません。

そんな大晦日の夜。

2012年を振り返ってみます。


偶然休みと日程が重なり、大分トリニータのチーム始動日に練習見学へ行った1月。

「見学に行け」と言わんばかりにまたまた休みと日程が重なって、島原と宮崎へトリニータの練習試合を見に車で出かけた2月。

母校の閉学記念式典で、人形劇の最後の公演に挑んだ3月。

怒涛の毎試合生観戦が始まった4月。

2年ぶりの宝塚大分公演にハッスルした5月。

生まれて初めてMRI検査を受けた6月。

念願だった東宝版の『エリザベート』を博多座へ観に行った7月。

蓮城さんが宝塚に入団して初めての博多座公演『フットルース』を観に行った8月。

“大分総力戦”のゲーフラコンテストで賞を貰った9月。

ケアマネ試験に4度目のチャレンジをした10月。

多くのサポーターと歓喜の瞬間を迎えた11月。

バサジィ大分の試合を初めて生で観戦した12月。


相変わらずトリニータが中心だったこの1年。

心のどこかで「来年はわざわざじゃないと行けなくなるかもしれない」と思っていたのか、

今季トリニータと対戦したJ2リーグの敵地へ、とにかく行けるだけ行きました。

2年に渡って行けなかったのは、千葉のフクダアリーナだけ。


もうひとつの趣味である宝塚は、雪組の大劇場公演へは1日1公演の日を狙って日帰り観劇。

また、今年は蓮城さんが入団して初めて所属の雪組が博多座で公演。

とはいえ、複数日観劇する余裕はなく、1日2公演の日を狙ってやはり日帰り観劇しました。

念願だった東宝版『エリザベート』を観劇出来たのも嬉しかったです。


一方、残念だったのは、こばりょうを「こばりょうサポ」として応援出来なかったことと、

こーすけがFC琉球のユニを着てプレーする姿を見れなかったこと。

FC琉球のNo3のユニも作っちゃったのにねぇ。

2人とも、来季はどこでプレーするのかなぁ・・・


来年は、トリニータはJ1で戦う事になります。

J2の6位からの昇格。苦しい戦いになるのは承知の上。

だから、死に物狂いで立ち向かわなくてはいけないと思っています。

2013年のチーム始動日が、今年よりも1日早く1月10日になったところからも、

チームの意気込みを感じます。


宝塚では、雪組さんは2月に2チームに分かれて公演。

蓮城さんは、中日劇場での公演に出演予定。

もちろん観劇予定です。

また、もう一方の公演チームが梅田で上演する演目が、

私が初めて生で宝塚の公演を観劇した時の『ブラックジャック』と知り、

にわかに見に行きたくなり、チケットを入手しました。

2月は梅田、名古屋へ観劇遠征?することになりそうです。


今年お会いした多くの皆さん。

本当にお世話になりました。

こんな私ですが、来年も引き続きよろしくお願い致します!


来る年がより良い年でありますように・・・


皆さん、良いお年をお迎え下さいね!

2012年11月25日 (日)

2012年シーズン、トリサポ活動終了のお知らせ。

大変ご無沙汰しておりました。

ようやく更新出来ます。


2012年のJ2リーグシーズンが終わりました。

本当に、本当に長いシーズンでした。


我らが大分トリニータは、リーグ戦を6位で終了し、

今シーズンより導入された『J1昇格プレーオフ』に参戦しました。


11月18日。

プレーオフ準決勝で、京都の西京極陸上競技場にてリーグ戦3位だった京都サンガFCと対戦。

0-4で勝利しました。


そして、11月23日。

プレーオフ決勝で、東京の国立競技場にてリーグ戦5位だった千葉と対戦。

苦しい試合でしたが、

トリニータを想う全ての人たちの想いを乗せた林選手のシュートがゴールネットを揺らし先制。

その1点を守り抜き、ついにJ1への切符を手にすることが出来ました。


正直、シーズンが始まった頃は、今年J1へ昇格出来るなんて夢にも思っていませんでした。

それが、シーズンが進むにつれ、チームの成長する姿を見ているうちに「もしかしたら・・・行けるかもしれん」と思うようになりました。


色んなハードルがトリニータの前にはありました。

その最大なものは、Jリーグからの3億円もの借入金の返済でした。

県民を中心に『J1昇格支援金』を募ったり、

多くの企業が支援をして下さったり、

行政が支援をして下さったり、

本当に多くの皆さんの支援で借入金を完済することができ、

プレーオフへも参戦することが出来ました。


プレッシャーに感じる時もあったと思います。

でも、それをパワーに変え、最後の最後まで戦ってくれました。

共に走り抜けることが出来て、私も充実感でいっぱいです!


さて。

11月23日のプレーオフ決勝戦参戦にて、

私の2012年シーズンのトリサポ活動は無事終了致しました。

特に今年は、過去最高数のアウェイ先へと遠征して、

多くのサポ仲間と共にG裏で戦いました。

また、遠征先でお会いした敵サポの皆さんとの交流もとても楽しかったです。

この場を借りて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました!!


仕事の都合で、昇格報告会も行けず、ファン感謝祭も参加出来ません。

でも、J1昇格決定の瞬間をたくさんの仲間たちと共有出来たのだから、

欲は言わないことにします。


今年遠征したアウェイでの出来事は、別立ての旅ブログで追々報告するとして・・・


今シーズン、こんな私にお付き合い下さったあっちやこっちのトリサポの皆さん。

また、遠征先や、大分へ遠征された時にお会いした敵サポの皆さん。


1年間、本当にありがとうございました!!

2012年3月12日 (月)

青春の日々。

昨年10月から参加してきた、短大時代のクラブのOG会。

その時の記事がこちら→http://miracat.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-9175.html 

3月11日、ついに閉学記念式典当日を迎えました。


私は、会場リハーサルが行われる前日の10日に福山入り。

リハ開始時間直前に到着して、そのままリハーサルに参加しました。

総合司会の方とのやりとり、劇の司会担当の先輩とのやりとりの確認などをして、

一旦元部室へ戻り、休憩。

「最後だから」と奮発して持ってきた大分のお菓子は、今回も大好評でした☆

いやいや・・・減るの早いしw


最終の打ち合わせをして、公演当日は9時から元部室を開放するので、

練習もできますよ、ということだったので、

同期の友人と9時頃来よう!と打ち合わせ。

現役?時代の巡回公演の時の写真を、後輩たちとワイワイ言いながら見ていると、

今回の復活公演を行うに当たり、中心になって舵を取って下さっていた期の先輩から声を掛けられて、

思いがけず、夕食をご一緒する事になりました。


いいんですか?!こんなひよっこな後輩が加わって・・・(^^;


私たちより7期上の先輩方は、ホントに団結力があって、

見ていてそのパワフルさはスゴイなぁといつも思っていました。

お食事会?公演前夜祭?には6人の先輩方が来られていて、

その中に7期下の私が1人ひょい!と加わってしまって・・・

でも、美味しい、楽しい時間を過ごす事が出来ました☆


11時前位にホテルへ送って頂いて、お風呂に入って翌日の本番に備えました。


3月11日、式典当日。

サッカー参戦で遠征する時は、だいたい決まった時間に起きて、

だいたい決まった時間に食事に行くんですが、

それを基準に、この日は1時間早く起きて、朝食会場へ、

福山へ行く時はいつも決まった宿を利用するので、慣れたものなんですよね。

食べたいものをチョイスして、席を見つけて移動している時、

エレベータへ乗ろうとしている女性の方と目が合いました。


あれ???

児研の先輩だ!!


先方も「あら?!」って言いながら、わざわざエレベータを降りて来られて(^^;

結構練習に来られている方だったので、てっきり地元福山の方だと思ってたんだけど、

宿泊されているということは、福山じゃないってことだよなぁ。

それ程話をしていた訳ではないんですが、

先方的には「九州・大分から車で来てる後輩」って言うのでインプットされてたみたいで(苦笑)

「ずっとひとりやったんと違う?」って心配して下さって。

「○○先輩から誘われて、昨夜は食事に出掛けてました」と報告したら、

「そうやったんね~!どうしてるんやろか~って思ってたの!」とのことでした。

こんなヤツいませんよね、九州からひとりで車でくるとかw

本人はもう慣れっこなんですけどねぇ~


式典の前に同窓会総会があるため、児研同期の友人たちと体育館へ。

Dsc_0090 この体育館。

私たちの期が入学した時は、この体育館と一部の校舎は隣接した高校のもので、

私たちが在学中(確か2年になった時)に高校が移転して、体育館と校舎が全て短大のものになりました。

だから、入学式は市民会館みたいなところでしたけど、卒業式はこの体育館でした。

冬場は寒くて、1月の練習の時もめっちゃ寒くて、

防寒装備が必要かな?と思っていたら、

前日リハの時、両側に石油ストーブがずらっと並んでました。

まぁ1000人近い人が式典に出席するということだったので、

人の熱気で温もるだろうね、という話にもなりました。


同窓会総会は、今回初めて出席しました。

この3月末で短大が閉学するので、事務局などは市立大学へ移転する予定とのことでした。

そういえば、短大の建物はどうなるのかなぁ?


30分程の休憩を挟んで閉学記念式典へ。

福山市長、市議会の議員さんなど、多く方が出席されての式典でした。

時代の変貌と共に、4年制の大学志向が強くなり、

市立女子短大は、共学の市立大学へと役目をバトンタッチする事になりました。

しかし、「市」が大学を経営するとか、スゴイと思うのは私だけだろうか?


昼食をはさんで、いよいよアトラクションです。

私たち児研の公演は、6つあるプログラムの中の5つ目。

ラストのプログラムが在学生のものだったので、

OGが行うアトラクションとしては“トリ”をつとめる形だったのかな?

私たちの2つ前のプログラムが、先生方が結成されていたバンド演奏で、

「今では楽器は“打楽器”だけになりましたが」とw

それでも、声楽の先生の美声を聞いて「あ!○○先生じゃぁ!!」とか、

先生方の自己紹介を聞いて「担任の先生じゃぁ!」とか、

控室から飛び出して黒子を着たまま見ていた私たちも大騒ぎww

懐かしかったなぁ~☆


そして、いよいよ復活公演の開演!


初っ端の“アイアイ衆”では、マイクの音声が出ず“地声”でセリフを言ったり、

音楽がすぐ出て来なかったり、細々したハプニングが連発!!

それを、客席とのやりとりでフォローされていた司会の先輩や、

アイアイたちのセリフに答えてくれる客席のOGたち。

まるでみんなが同期生のメンバーの様でした。


半年かけて月1の練習を続けてきた復活公演の本番は、

20分間という本当にあっという間の短いものでしたが、

短大生だった頃の自分を思い出し、あの頃に戻れたような気がしました。

式典の後行われた児研の同窓会で、司会だった先輩が、

「今まではずっと家にいるだけだったのが、この復活公演のおかげで家から出る事が出来た。

本当に楽しかった」と言われていたのが良く分かりました。

学年は違うけど、皆、「児童文化研究会」という活動を代々して来ているからか、

なんていうか、「同志」みたいな感じなんですよね。

それを感じることが出来て、本当に嬉しかったです。

それに、今までは1つ上、1つ下の学年の人たちしか知らなかったのが、

いくつも上、いくつも下(ただし、私は自分から下の学年の子たちとは少し関わりがある)の人たちと会うことが出来て、

“横”だけじゃなく、“縦”の関係も出来たなぁと。

早速、3つ下、6つ下の子とメアドの交換をしたり、

7つ上の先輩とは「サッカー」で繋がったしw


「福山市立女子短期大学・児童文化研究会」としての活動は終わってしまいますが、

「福短児研OG」は、ずっとずっと続きます。

早速3年後に同窓会をしよう!ということになりました。

やっぱり私にとって福山は「第二の故郷」だなぁと実感した2日間でした。


さ。あとは恒例の“せつぶん会”をいつするかじゃな・・・


あれ???

言葉が「福山弁」になっとぉ・・・

2011年12月31日 (土)

ゆく年。くる年。

2011年があと1時間ちょいで終わろうとしています。


今年は、公私共に色んな事がありました。


無料クーポンを利用して受けた検診で異常が見つかった1月。

新たな診察券を持つ事になりました。


全国のサポーター仲間と大分トリニータのスポンサーになった2月。

おかげ様で、来季(2012年)も引き続きスポンサーになる事が決まりました。


前代未聞の甚大な被害をもたらした大震災が起きた3月。

遠く離れた九州にも津波注意報が発令される程の未曾有の大震災でした。


こばりょうに“2年越しのファンの告白”をした4月。

「伊丹空港で捕まえて、ユニにサインを貰っちゃえ!」とアドバイスしてくれた、

京都サンガのサポ友に感謝でした。


2年続けてこーすけの“No22”のユニを身に付けた5月。

複数年、同じ背番号を背負って参戦するという夢を、

こーすけが叶えてくれました。


福岡で初めて“セレッソ大分?!”の試合を観戦した6月。

かつてトリニータで活躍していた選手たちが、

ピッチで躍動する場面を見れました。


7.9の総力戦に挑んだ7月。

目標の30000人にはわずかに及ばなかったけど、

久しぶりに熱気あふれる大銀ドームの雰囲気を体感出来ました。


10年越しの念願叶って大学卒業の認定を受けた8月。

苦節11年。ようやく辿りつく事が出来ました。


伝説?のケーズデンキスタジアム水戸へ行った9月。

大震災の被害をまともの受けた茨城県水戸市。

半年経ってもまだなお復旧工事が進むスタジアムに、

被害の大きさを目の当たりにしました。


神戸経由で鳥取へ向かった10月。

どうしても車で行きたかった鳥取。

同じフェリーにトリサポさんが乗っていたのには正直驚きました。


「来年は行けないかも」と急きょ決断して札幌へ向かった11月。

昼間の試合より、夜の反省会の方が盛り上がった遠征でした。


最後の姿に声をかけることが出来ないまま、こーすけの旅立ちを見送った12月。

私の念願を叶えてくれたこーすけには、ホントに感謝の気持ちでいっぱいです!


宝塚観劇も4回程行ってはいるけれど、

振り返ってみれば、トリニータ一色の一年だったような気がします。

すっかり生活の一部になりつつある「大分トリニータ」

そしてきっと来年も「大分トリニータのある風景」の中で、

私は生きて行くんだろうなぁと思います。


来る年の2012年。

噂では“Jリーグ中一番早い”と言われる、

1月11日のトリニータの全体練習始動日には、

ぜひスポパへ出かけようと思っています。

また来年3月に、卒業した出身短大の閉学が決まり、

その記念式典で上演する事になった人形劇の練習に、

3月11日の公演当日まで、月1~2回のクラブOG会へ参加する予定です。


着実に年齢は一つづつ重ねて行くけれど、

それに比例するようにやることも増えて行く。

そんな年齢になってきたんだなぁと、

何だかしみじみ考えています。


2011年、色んな場面で、色んなきっかけでお知り合いになれた皆さん。

こんな私ですが、来年もどうかよろしくお願い致します。


そして、たくさんの『出会い』に今年も感謝しつつ・・・


皆さま、良いお年をお迎え下さいね☆

2011年10月10日 (月)

原点。

とってもとっても久しぶりの更新です。


相変わらずのハードな勤務が更にハードになり、

休みは希望申請した日だけしかなく、

予定のない休日がないままもう数ヶ月・・・

休日のほとんどは、トリニータの応援か宝塚観劇なのですが、

今回の休日はトリニータも、宝塚も絡んでない、

とっても珍しいお休みでした。


8月下旬。

短大時代所属していたクラブの同期の部長だった友人からメールが届きました。

短大が来年3月に閉学となり、3月11日に閉学記念式典が行われ、

その後、クラブの公演をする事になった、との内容でした。


私が所属していたクラブ、というのは「児童文化研究会」というもので、

主に人形劇をしていました。

名前は文科系ですが、活動は体育系に匹敵する内容で、

夏休みの大半を、短大がある広島県福山市を中心に、

あちこちの保育園などに出向き、人形劇を上演して回っていたんです。

私たちは「巡回公演」と呼んでいました。

そのクラブも部員確保が困難になり、H7年を最後に活動を終え、

今は廃部状態。

短大閉学を機にOGでクラブを復活させ、

人形劇を上演させよう!という話になったようでした。

同期の部長だった友人は地元福山在住の為、

8月、9月と行われた練習に参加してくれていて、

その都度様子をメールで伝えてくれていたので、

一度私も参加しておきたいと思い、10月の練習日になんとか休みをGet。

新幹線での日帰り強行軍で、練習に参加してきました。


F1000916 毎年福山へ行ってはいますが、

いつも車で、しかも福山駅周辺に行くことはほとんどなく、

今日は久しぶりに福山駅に降り立ちました。

福山駅北側には、福山城があります。

新幹線のホームからは結構大きく見えるんですが、窓があって上手く撮れなくて・・・

駅から出たところからだと低くて超小さくしか撮れんし・・・


駅には友人が迎えに来てくれていて、

私のと色違いのワインレッドのNOTEで短大へ。

短大の構内に入るのも何年ぶりかなぁ???

F1000917 福山市立女子短期大学

2年間学んだ、私の母校です。

この短大の保育科に進学し、

保育士を目指していました。

でも今思えば、福短に進学してなければ、

介護福祉士として働く私はいなかっただろうし、

卒業して20年が経ってもなお、毎年顔を合わせる程の仲である、

たくさんの仲間たちとも出会うことはなかったと思っています。

この大学名も、来年3月をもってなくなってしまうんだなぁと思うと、

やっぱり寂しくなりました。。。


児童文化研究会(通称:児研)OGの練習は、

この学校名が掲げられた校舎の1Fで行われていました。

私たちより7期上(S58年卒)の先輩方が中心となって活動されており、

最近、児研OG専用のブログも立ち上げたとのこと。

行動力のある先輩方で、傍から見ててもそのパワーと団結力はすごかったです。

前2回の集まりで、3月の式典の日に上演するレパートリーがほぼ決まり、

その本役も徐々に決めて行こう、という段階にきているようでした。

私は、元々担当していたレパにしっかりと名前が書かれていて、

今日は、当日組むメンバーと一緒に練習をさせてもらいました。


思えば、

私たちの期で、私はかなり早い時期に入部したので、

結構重要な役だったり、主役の人形を担当させてもらってたんですよね。

この役は、多分一番初めにもらった役だったかと・・・

F1000918 名前「オイオイ」

児研の中では「アイアイ衆」と呼ばれていたレパートリーで、

おさるさんが3匹登場します。

メインが「アイアイ」くん。

アイアイくんのお友達が2匹いて、

「オイオイ」くんと「ホイホイ」くんがいます。

オイオイくんは3匹の中で一番年上、という設定で、

上演する会場のお客さんの年齢層から、

毎回年齢を設定して、その年齢に相応した話し方や、

声のトーンなど、工夫しながら演じていました。

色んなレパートリーがある中で唯一、

会場にいるお客さん(観客)と直接対話が出来る役。

劇の初っ端に組まれるレパでもあり、

黒子を来て、いつも舞台の中でドキドキしながら開演を待っていました。

実際に人形を手にして、いつもの低音ボイスではない高い声を出してみたら、

何のことはなくすんなりと「オイオイ」になれました。

不思議なものです。


アイアイ衆は、何年か上の先輩(ホイホイ役)と3年下の後輩(アイアイ役)と、

3匹で踊る「アイアイ」の振り合わせ。

初っ端と終わりはどの期も同じだったみたいで、

その他の部分は各期それぞれのオリジナルでちがうので、

ビデオに録画して保存されていた映像を見ながら3人でアレンジ。

何となく形が出来ました。

・・・と、あの振りを覚えておかなくちゃいけないんだよな・・・

・・・後で図式してみるか・・・


当日のレパートリーは、このアイアイの他に2つあり、

ペープサートといって、厚手の画用紙に蛍光塗料で絵を描き、

それにブラックライトと言う特殊な光を当て、

暗転した会場で人形や絵を浮かび上がらせる方法での劇で、

我が児研では、主に音楽劇(音楽に合わせて人形や絵を動かす)をしていました。

式典では「ドレミの歌」をする事になり、

今日は、本役・代役が入り混じって動きの確認をしていました。

私も現役時代は代役をしていたレパで、

卒業後は観客としてずっと見て来ていることもあり、

何となく動きも覚えていて、音楽が流れると自然と手が動いて・・・


こういうのを「刷り込み」とでもいうんかな???


そして・・・

メインの人形劇は「ちびくろサンボ」

これにも、寮の憧れの先輩から直々に受け継いだ役があって、

今日はその人形と10数年振りに再会☆

F1000919 「ちびくろサンボ」では、

サンボくんが、森で出会った4匹のトラに、

服やらなんやらをあげるんですが、

このピンクのシマのトラ(通称:ピントラ)は、

紫の靴を両耳に付けて喜んで帰ります。

設定では、4匹のトラのうちこのピントラだけ異色?で、

「おかま」ということになってまして・・・

歩き方や話し方もどことなくなよっとしてて・・・

今で言う「おねぇ系」ってやつですかね(苦笑)

当日は役には入ってませんが、逆に見るのが楽しみです!



小中学校の頃は引っ込み思案で、

そんな自分が嫌で、自分を知らない人ばかりがいる校区より離れた高校へ進学し、

親元を離れ2年間過ごした福山での短大生活で、

今の私は確立できたと思っています。

そんな、今の私の「原点」を改めて見る事が出来たような気がします。

最終公演となる3月11日までに何回練習に参加出来るか分からないけど、

有終の美を飾れるように、サポートが出来たらなぁと思いながら帰って来ました。


さぁ明日(今日?)も仕事だ・・・

2011年7月28日 (木)

旅専用ブログ立ち上げました。

先般より準備していました“ブログの整理”として、

旅の話を書きつづるブログを立ち上げました。

遠征の報告は、新しいブログで更新する事にしましたのでお知らせします。

ブログのアドレスは

http://miracat.cocolog-nifty.com/tabi/

です。

よかったらお立ち寄り下さい。

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

たまぁ~につぶやいてます

試合日程

ジオターゲティング