サッカー

2014年3月 7日 (金)

気が付けば2014年シーズン。

かれこれ1年放置状態だったこのブログ・・・

とりあえず生きてました。
大分トリニータのサポーターとしてはとてもとても苦しく悔しいシーズンでした。
4年ぶりのJ1は想像以上に分厚い壁が立ちはだかり、最終的には2勝しかできず、しかもその2勝はアウェイでホームでは1勝も出来なかったという、リーグ史にも残る不名誉な歴史も残してしまいました。
ダントツの最下位で、2014年は再びJ2で仕切り直しです。
リーグ戦では成績を残せなかった代わり、と言う訳ではないけれど、2013年は天皇杯でベスト8まで勝ち進みました。
こちらはチーム史上最高成績。
12月下旬まで「2013年の大分トリニータ」として選手たちと戦えたのは、サポ生活の中でも忘れられない時間でした。
気が付けば年が明け、チームも2014年バージョンとして始動。
思いがけない選手の移籍で「うっそぉ!」と呟く事が多かったけど、逆にチームに残ってくれた選手や、完全やレンタルで移籍してきた選手に大いに期待して、今シーズンを共に闘って行きたいと思っています。
2008年のナビスコカップ決勝に合わせて作ったのがきっかけで、毎年シーズン前までに完成させFC事務所へ届けている千羽鶴。
去年はシーズン途中にやっとこさ完成させ届けたのですが、チームの戦績も芳しくなく、結果J2降格になってしまったので、今年は絶対シーズン前に完成させる!と決めていました。
あと、去年まではレインボーカラーで綴っていたのですが、今年は趣向を変えてチームカラーである「青」と「黄」で作る事にしました。
開幕戦が3月2日のアウェイ水戸戦だったので、夜勤明けだった前日(3月1日)になんとか完成させて事務所へ届けてきました。
Dsc_0129 夜勤明けのボケボケの頭で綴って行ったので、50羽綴るところを45羽だったり55羽だったりしたものもあって長さがバラバラw
でも「開幕戦前に完成させて事務所へ届ける」という一番の目標を達成する事が出来ました。
私が届けた時には、既にチームは水戸へと出発していたので、受け取って下さった広報のお姉さんが事務所に飾り、水戸へ思いを送って下さっていました。
水戸へは私も遠征していたのですが、残念ながら1-2での敗戦。
特に後半は果敢に攻め続けて、得点を奪えそうな場面もいくつも見れていただけに、初戦を白星で飾れなかったのは本当に残念でした。
ただ、昨年何試合かJ2の試合も観戦している1人としては、J2も日々進化し、レベルアップしているのを感じていました。
一昨年戦ったJ2ともまた違っているような気もします。
サポとしても気を引き締めて、このシーズンを戦おうと思っています。
明後日3月9日は、いよいよホーム開幕戦です。
対するは地味に苦手な九州勢・ギラヴァンツ北九州。
トリニータらしい戦いで、昨シーズンずっと観れずに終わった「ホームでの勝利」を飾れるように、精一杯後押ししたいと思います。

2013年3月23日 (土)

トリサポ活動報告2013【2月号】

すっかりご無沙汰しております。

気がつけばリーグ戦も始まってしまいました。

試合毎に課題が見えるものの前回の課題の修正も見え、

試合毎に成長する姿を見せてくれている我らが大分トリニータ。

J1新入生!?の我がチームですが、奮闘しています。

開幕後既に遠征もしているのですが、その前に…

シーズン前に行った練習試合見学の遠征報告を。


2月9日(土)

この日は宮崎県西都市で大宮アルディージャとの練習試合。

昨年は宮崎市まで遠征しているので、今年はちょっとだけ近かったですw

道路地図で下調べはしてましたが、

スマホのナビ機能に協力してもらい目的地の清水台運動公園へ。

オフィシャルの観戦ツアーの皆さんも到着してました。 undefined undefined 練習試合をまともに?見るのはこれが初めてだったので、

出場する選手の風貌で「あれは○○かな?」などと想像したり…

まだ未完成ながらも、良い動きをしていました。

相手はJ1のチームだし、見ていてもその力の差は感じましたが、

でも全く歯が立たない、という訳でもなく、

開幕戦までにどこまでまとまってくるだろう?と期待の方が大きかったです。

その期待は間違ってないと、シーズンが始まってから実感しています。


2013年シーズンが始まりもうすぐ1ヶ月。

まだJ1初勝利を祝えていないトリニータですが、

ひとつひとつの課題を修正し、ひとつひとつ成長していくのが、

今のトリニータのスタイルではないかな?と思っています。


チームを信じて、勝利を願って、

今季も全国各地へ遠征したいと思っています!

2013年2月 7日 (木)

トリサポ活動報告2013【1月号追加分】

先の記事を更新した後、もうひとつ活動をしていたことを思い出しました。

追加です。


1月17日(木)

この日はトリニータの監督・コーチ・選手・スタッフ一同がニータン神社へ出向き、

神前でシーズンの必勝を祈願しました。

今までは休みも合わず、申請も間に合わなくて行ったことがなかったのですが、

今年は休み申請の〆切までに日程がリリースされたのですぐに申請。

無事休みを貰う事が出来ました。

Dsc_0564 ホームでもアウェイでも、毎試合前に出向きお参りしている私ですが、

こうして選手たちと一緒に必勝祈願するのは初めてでした。

拝殿の外にいる私たちサポーターにも、選手たちにするのと同じようにお祓いをしてくれて、

身が引き締まる思いがしました。

こうやって選手たちが一堂に揃っているのを見るのも初めて。

なんだかんだで新規加入の選手も多いですが、

開幕までに顔と名前、背番号を覚えて行かなくちゃなぁ・・・


これで忘れ物はない・・・はず・・・

トリサポ活動報告2013【1月号】

年が明け早1ヶ月。

相変わらず慌ただしく過ごしている今日この頃。

皆さまいかがお過ごしでしょうか???


さて・・・


今年も昨年同様、Jチーム中一番早くトレーニングを開始した我が軍・大分トリニータ。

必然的にサポーターも共に早く活動を開始せねばならん・・・と言う訳で、

今年も早々に活動を開始致しました!


OFF期間短!!


1月4日(金)

この年末年始も休みなく仕事をしていたので、年明け初めの休みが4日でした。

年明け初めての休みには必ず初詣に行く!と決めていて、この日に三社参りへ。

一番にお参りしたのが、我らが大分トリニータ宣伝部長・ニータンのご実家。

別府市亀川にある、ニータン神社 こと 八幡竈門神社へ行ってきました。

Dsc_0518_2 今年は宮司さんともお会いすることが出来て、少しお話を。

「昨日まで楯(プレーオフ優勝楯)を展示してたんですよ。昨日クラブの方が取りに来られてねぇ」

との事。

ツイッターのフォロワーさんたちの話では、どうやらクラブトリニータへ遠征している模様。

フォロワーさんたちの中で「まさか・・・楯が2つあるのでは???」という疑惑?!が持ち上がったので、

一応「ニータン神社にはなかったですよ」という証拠写真をww


その後、大分市内の春日神社へ。

こちらでは、トリサポさんが屋台でお仕事をしていると聞いていたので、

年始のご挨拶と激励も兼ねてお邪魔しました。

「チームの始動が早いんで、今夜は新年会も兼ねてサポーターたちとの打ち合わせです」と・・・

今年、某サポクラの代表になられたとの報を後日聞きました。


三社目は大分県護国神社へ。

こちらは、例年巨大な絵馬、破魔矢などを展示することで有名です。

それらを眺めながら車へ戻り時計を見ると、まだクラブトリニータの営業時間。


ということで、

Dsc_0524 楯に会いに行ってきました。

宮沢キャプテンや田坂監督が、国立で高々と掲げていたプレーオフ優勝楯。

間近で、至近距離で、じっくり見させていただきました☆

後から、店員のお姉さんの計らいで一緒に写真にも納まりましたよ。(写真は載せれん)


そういえば、ナビスコカップ優勝の年は、

姪っ子と一緒に城島であったファン感に行き、そこでカップと一緒に記念撮影したっけなぁ・・・


1月10日(木)

去年は11日が始動日で、偶然休みでその始動の様子を見に行きました。

なんと今年も偶然休みが重なり、「これは見に行け!ということだな」と^^

さすがJ1復帰元年、という事もあり、取材陣や見学者の多いこと!

Dsc_0548 人垣の隙間から選手たちの様子を見学。

「あ!深谷がおる!」

「あの背の高い人が小松?」

「いやいや・・・高木かな?」

「むむ・・・全体的に背の高い人が増えたなぁ・・・」

などなど、ひとり心の中でぶつぶつと呟いてましたww

この日は天気は良いものの風が強く、

去年は選手幕も全て練習場のフェンスに掲げていましたが、今年はこれだけ。

Dsc_0551 すべてに感謝し ここから新たな歴史を』

というメッセージが掲げられていました。

昨シーズンのJ1昇格プレーオフへ参戦するまでの様々な出来事。

昇格支援金なんて、大分でしか出来ない事だったと思います。

「多くの人たちに支えられている」事を意識し、常に「感謝」の気持ちを忘れずに。

サポーターの立場でも、この気持ちは忘れてはいけないな、と改めて思いました。


練習初日から早速2部練習。

一日休みだったので、午後からの練習も見学し、

練習を終え帰宅する各選手たちへ「お疲れ様でした~」と声をかけつつ、

日暮れを待って、掲げていた弾幕のお片付けのお手伝いもさせていただきました。


「J2の6位からの挑戦」

監督は「J1へ殴り込みをかける」という言葉で表現し、

宮沢キャプテンは「トリニータ旋風を巻き起こしたい」と話していました。

簡単に上位へ食い込める程、J1は甘くない事は重々承知。

だからこそ、死に物狂いでトレーニングに励み、立ち向かっていかなくてはならない。


サポーターも同じこと。

チームの力に少しでもなれるように、準備をしていきたいと思っています。


まずはこれの作成に入りました。

Dsc_0555 ナビスコカップ決勝進出が決まった時、

何かをせずにはいられなくて、思いついて千羽鶴を作りました。

あの時以来、毎年シーズン開幕前までに完成させ、クラブへ届けています。

(確か一昨年は、シーズン中にけが人が続出したのをみていてもう一つ・・・)

今年も作り始めました。

今年もホームで開幕なので、大銀ドームでニータンに直接渡そうと思っています。

若干遅れ気味なのですが(^^;頑張ります!


さて・・・

開幕まで既に1ヶ月を切りました。

チームは現在宮崎でミニキャンプ(合宿)を実施中。

昨日は初めてJ1チームとのトレーニングマッチを行いました。

ミニキャンプ最終日である9日は、やはりJ1の大宮アルディージャとTMの予定。

この日は亡き父の法事日程の候補に挙がっていた為、休みを貰っていたのが、

日程が一週間後になったので、この日は宮崎へ遠征してこようと思っています。

もちろん、相棒“クラトリ号”と共に♪


シーズンオフの遠征はこれだけ。

2月はトリサポ活動の他に“ヅカファン活動”も忙しいのです(苦笑)

そちらの報告はまた別口で・・・

2012年11月25日 (日)

2012年シーズン、トリサポ活動終了のお知らせ。

大変ご無沙汰しておりました。

ようやく更新出来ます。


2012年のJ2リーグシーズンが終わりました。

本当に、本当に長いシーズンでした。


我らが大分トリニータは、リーグ戦を6位で終了し、

今シーズンより導入された『J1昇格プレーオフ』に参戦しました。


11月18日。

プレーオフ準決勝で、京都の西京極陸上競技場にてリーグ戦3位だった京都サンガFCと対戦。

0-4で勝利しました。


そして、11月23日。

プレーオフ決勝で、東京の国立競技場にてリーグ戦5位だった千葉と対戦。

苦しい試合でしたが、

トリニータを想う全ての人たちの想いを乗せた林選手のシュートがゴールネットを揺らし先制。

その1点を守り抜き、ついにJ1への切符を手にすることが出来ました。


正直、シーズンが始まった頃は、今年J1へ昇格出来るなんて夢にも思っていませんでした。

それが、シーズンが進むにつれ、チームの成長する姿を見ているうちに「もしかしたら・・・行けるかもしれん」と思うようになりました。


色んなハードルがトリニータの前にはありました。

その最大なものは、Jリーグからの3億円もの借入金の返済でした。

県民を中心に『J1昇格支援金』を募ったり、

多くの企業が支援をして下さったり、

行政が支援をして下さったり、

本当に多くの皆さんの支援で借入金を完済することができ、

プレーオフへも参戦することが出来ました。


プレッシャーに感じる時もあったと思います。

でも、それをパワーに変え、最後の最後まで戦ってくれました。

共に走り抜けることが出来て、私も充実感でいっぱいです!


さて。

11月23日のプレーオフ決勝戦参戦にて、

私の2012年シーズンのトリサポ活動は無事終了致しました。

特に今年は、過去最高数のアウェイ先へと遠征して、

多くのサポ仲間と共にG裏で戦いました。

また、遠征先でお会いした敵サポの皆さんとの交流もとても楽しかったです。

この場を借りて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました!!


仕事の都合で、昇格報告会も行けず、ファン感謝祭も参加出来ません。

でも、J1昇格決定の瞬間をたくさんの仲間たちと共有出来たのだから、

欲は言わないことにします。


今年遠征したアウェイでの出来事は、別立ての旅ブログで追々報告するとして・・・


今シーズン、こんな私にお付き合い下さったあっちやこっちのトリサポの皆さん。

また、遠征先や、大分へ遠征された時にお会いした敵サポの皆さん。


1年間、本当にありがとうございました!!

2012年1月11日 (水)

スタート。

1月11日。

本日、J40チーム中一番早く、

大分トリニータは2012年シーズンへ向けてのトレーニングを開始しました。


今までは2月に入ってから開始が通念で、

年明けに始動日を聞いた時真っ先に「早!!」と言った程。

また、その始動日に合わせるように、

契約を更新する選手、新規に加入する選手のお知らせが届き、

一喜一憂しながらも、11人の新加入選手の顔と名前を覚えようと、

オフィシャルサイトの写真を独自にプリントして、

写真の裏に名前を書いてみようと考えたり。

そんな作業も完全に出来ないうちに、

始動日当日を迎えました。


今年も、トリニータにおいてはもしかしたら“ミラクル”な事が起きるのか?

希望を出してもいなかったのに、今日は休み。


こりゃ、見に行かん訳にはいかんでしょ?


ということで、行って参りました!

F1001037 実に1ヶ月ぶりのスポパです。

トレーニング開始の9時過ぎに家を出たので少々出遅れでしたが、

多くのサポーターさんたちが駆け付け、見学していました。

毎年始動日に、サポータークラブの方々が試合の時に掲げる横断幕を練習場に掲げてるんですが、

今年も7時前から準備の為にクラブハウスへ来ていたとか?

F1001038 今年のチームスローガンは『挑戦×頂戦』

2011年シーズンの『SORYOKU戦』「総力」「走力」を掛けたスローガンでしたが、

2012年は『ちょうせん』

「挑戦」の兆の中に『J』「頂戦」の丁の中に『1』を組み込んでいて、

2012年は『J1昇格』を目指していく、という意気込みが現れています。

横断幕にも『さあイコウ頂きへ!!』の「頂」に『J』 「!」に『1』を組み込む手のこみよう。

さすがです!


そんな横断幕に見守られ、

選手たちはフィジカルトレーニングに取り組んでいました。

Img_1869 今シーズンも、“イケメンフィジコ”でお馴染みの竹下コーチが、

大分トリニータの「走力」を鍛えてくれています。

初日は早速サーキットトレーニング。

○メートルを○秒で走る、というルールの中、

選手、監督、コーチ陣が前を走って行きます。

Img_1871 「あの選手、○○選手かな?」

「△△選手って××番(のビブス)着てる人?」

昨シーズンから引き続きいる選手の方が多いはずなんだけど、

やっぱり新加入選手の顔と名前はなかなかすぐには覚えられませんねぇ。

開幕までには顔と名前、背番号を覚えなくちゃな・・・

夕方のニュースでも、各局が取り上げていた始動日の様子。

“ミスタートリニータ”と言われた彼も、もちろん帰ってきてたんですが、

規約か何かで、16日まで休養期間なんだそうですね。

Img_1874 「高松チャント」でフェリーで出発する高松を見送ってから早1年。

FC東京での武者修行を終え、大分へと戻ってきてくれました。

インタビューの中で、

「知ってる選手が少なくて・・・」という言葉が出てて、

高松も、違う意味で“新加入”なのかもしれないなぁと思いました。

他に取材陣の囲み取材を受けていたのが、田坂監督、竹下フィジコ、モリシ。

あと、ニュースを見たところ、新加入の村井も受けてたのかな?

その取材陣、報道関係者の多さに、

今季のトリニータへの関心の大きさを感じました。


お昼を挟んで、今日は2部練習。

どうせ1日休みだし、ということで、午後からもスポパへ。

午後はボールを使って、ミニゲームなどをしていました。

Img_1887 午前→フィジカル、午後→ボールを使ったトレーニング。

この流れ、昨季の水曜日のトレーニングパターンでは?

と思い出したのは、きっと私だけだろうなぁ~

トレーニング初日でしたが、

皆それぞれに調整して今日を迎えたんだろうなぁと思う程、

動きが良く見えました。


午後のトレーニングは1時間程で終了。

あまりの寒さに一旦帰宅。

夕方実施すると言われていた横断幕の片付けのお手伝いへは、

晩ご飯を食べて防寒対策万全で向かいました。


トレーニング初日を見学したのは、多分、初めてじゃないかな?

去年も結構早い時期に見学はした記憶があるんですけどね。

見ていて、監督を始め、選手、コーチ陣など、チーム全体が、

とてもはつらつとしていて、そして和やかに、

時に賑やかにトレーニングしていたのが印象的でした。

昨シーズンも感じたけど、今年もすごく雰囲気が良い!

とても良い印象を持てました。


大分トリニータの2012年がいよいよスタートしました。

私も本日より、2012年のサポーター活動を開始致します。

Img_1893 今年は、いつもより少し余裕を持って完成出来そうだなぁ~

開幕までに、今年も千羽鶴を作ります!


今年もトリニータのサポーターとして、

しらしんけん応援して行きます。


よろしくお願い致します!

2011年7月11日 (月)

総力戦に思うこと。

「まだまだ先」と思っていた7月9日。

あっという間にやって来て、あっという間に終わってしまいました。

チラシ配りにもなかなか参加出来ない身として、

車にチラシを貼ってにわか宣伝部員となってうろついていたこの期間。

たくさんの方が色んな形でこのプロジェクトに尽力し、

県外に在住するトリサポは、この日に合わせて「3万分の1になろう!」と大分へ集結する。

あんなにドームが青く染まった光景は、ホントに久しぶりでした。

試合も、終始FC東京に押し込まれながらも懸命に跳ね除け、

逆にチャンスを作るも得点できず、

それでも、5連勝中だったFC東京を引き分けで抑えたトリニータ戦士たちに、

ホントに最高のエールを送りたいと思います。


試合前の恒例行事である“ニータン神社参拝”

この日も、試合前に向かいました。

何となく感じてはいたのですが、その「感」は大当たりで、

多分、初詣の時以来、宮司さんとお会いすることが出来ました。

もちろんの事、宮司さんも当日大銀ドームへ向かわれるとのことで、

お忙しいお時間の中、お話をさせて頂く機会を得ました。

その話の中で、

「今日の試合は、勝つか負けるか、が問題ではなくて、

久しぶりに、あるいは初めてサッカーの試合を見る人たちが、

いかに楽しめたか、“また見に行きたいな”と思ってもらえるか、

そこが一番重要なんです」

「まずは見てもらって、その雰囲気を味わってもらう。

“なんか楽しいなぁ”って思って、また見に来てくれる。

そこから徐々に選手の名前を覚えて行ったり、

誰がゴールしたとかを気にするようになったり、

そのうち試合の内容やらを気にするようになっていく。

そのスタートには、今日の試合は相応しいと思いますよ」


実際、私自身がその経過を追って今があるので、

ホントに、9日の試合を見て私のような人が1人でもいてくれたら・・・と。


大分に存在するチームだから、という単純な理由で、

トリニータを応援して来ている私ですが、

今回、大分を離れ県外で生活している方を始め、

「実は大分には縁もゆかりもないんです」っていう方まで、

ホントに全国各地から「大分トリニータ」の為に、

たくさんの「チカラ」が集まりました。


トリニータってすごいなぁ~


そんなトリニータを応援するトリサポでいることが出来て、

私は、本当に良かったと思います。




さて・・・


2007年の秋にmixiから逃げて始めたこのブログなんですが、

ちょっと形式を変えようと思っています。

ホントはすぱっと辞めてみようか?とも思ったんですが、

こんなブログでも楽しみにして下さっている方がいるようなので、

とりあえずメインとして残しておこうとは思っています。

バタバタする日常の中、あれこれと思案中です。

ちゃんと形が見えてきたら、またお知らせ出来ればと思います。

2011年7月 6日 (水)

遠征報告2011・梅田先回り北九州行き編~北九州遠征~

急いで更新せねば、次の試合が来る!!

と言うことで、そそくさと「北九州遠征」の報告を。


今年は、宝塚観劇とトリニータのアウェイ戦との日程が良く被ります。

前回は、宝塚バウホール公演と岡山戦。

しかもこの時は、ガンバとモンテの試合も日程が重なって、

昼・宝塚観劇→夜・ガンバvsモンテ戦観戦→翌日・ファジvsトリニータ戦参戦

という、トリプル遠征を強行しました。

関西へ行く回数が増えていて、今回泊まったビジネスホテルには、

オープン直後の4月末以降、3回目の利用でした。

何て言ったって、伊丹空港から歩いて10分足らずという立地条件が魅力!

近くにコンビニもあり、何かと便利です。

おかげで4月末に利用した時は、

山形へと帰還するモンテ御一行様にも会えましたしね~

そういえば、2009年はトリニータ御一行様とも遭遇したし。

(しかも帰還便が一緒で)


今回は、8時伊丹発の大分行き始発便を利用するのに、

大変重宝致しました。

7時からと思っていた無料の朝食が6時半からだったのもラッキーでした。

飛行機での遠征で記憶に新しい“失敗”は、

開幕戦だった岐阜からの帰りの名古屋発大分便に乗り遅れ、

福岡経由で帰還した、という苦い経験。

今回は、出発時間30分前にはゲート前に“スタンバイ”してました。


大分へは9時頃到着。

空港は飛行機利用の他にも、ちょっとドライブで立ち寄ることもあるんですが、

多分、トリニータの胸スポンサーに決まってから、

じっくりターミナル内を眺めたのは初めてだったかもしれません。

F1000770 中津市にダイハツ九州の工場が出来て、

しばらくしてからこの展示コーナーが出来たと記憶しています。

改めて、ダイハツ九州様に感謝しつつ、

徐々にテンションを上げて駐車場の車へ。

“宝塚観劇スタイル”から“トリニータ参戦スタイル”へと気分を変えつつ、

9時半頃、北九州へ向け大分空港を出発しました。


北九州へは、ずいぶん前、一度だけ車で行ったことがあります。

しかも“宝塚観劇”で行きました。

大分にも公演に来た、星組の全国ツアーを観に。

今は名称が変わっているようですが、

九州厚生年金会館での公演を観に行きました。

あの時は、何もかも地図で調べて行った記憶があります。

ちゃんと迷わずに行ってるんですよねぇ。

今回は、昨年BUSTAさんのバスツアーで行っているのですが、

「連れて行ってもらう」と、道って全然覚えないんですよ。

これは生前父からも良く言われた言葉で、

「道を覚えたかったら、自分で運転して走るのが一番」

道路地図やらHPやらで下調べをして、

頭の中に叩き込んだルートを思い出しながら進んでいった結果、

何と、予定より1時間早く本城競技場へ辿りついてしまいました。

まだ昼過ぎのお時間(苦笑)


いくらなんでも早すぎでしょ?


一旦競技場前を通り過ぎ、スーパーを見つけたので、

そこで昼ご飯を購入。

同じ駐車場なら、競技場の駐車場の方がいいか?と思い、

13時頃に駐車場に入りました。

試合、18時キックオフなんですけどね。


それでも、周囲は大分ナンバーの車ばかり!

「ここは大分か?」と疑う程のジャック振りでした。


お昼を食べ、大分空港近くのコンビニで買った地元紙を読み、

完全に参戦モードへギアチェンジ!

BUSTAのツアーバスが到着したのが見えたのを合図に、

競技場へと移動しました。


それでも開場前3時間以上。


サポ仲間と話したり、

競技場周囲をギランとニータンとチビギランを探して歩いたり。

(結局探せ出せなかったのだが)

一般開場と同時にG裏へと乗り込みました。

F1000777 過去に遠征したアウェイスタジアムで2回目かな?

大銀ドームで自分たちが“ホーム側”として陣取る、

メインスタンドから見て左側のエリアに入ったのは。

(過去に経験したのは神戸のホームズスタジアム)

しかも、スタジアムDJが一昨年まで大銀ドームでコールしてくれていたTOM Gだったので、

なおさらホームっぽい感覚になってしまいました。

サポの人数も、間違いなくトリニータ側の方は多かったですしね。

その点では、完璧にトリニータが勝利していました。


そう。「その点」では。


確かに、中2日という連戦で挑んだトリニータと、

中5日の北九州では、疲労度は違っていたとは思う。

見ていても、トリニータ戦士たちは身体が重たそうでした。

それでも、そんな選手たちが1センチでも前へ走れる力が出るような、

パワーを与えられる声援が送れなかった自分が情けなくて、

試合後しばらく立てず、椅子に座ったまま挨拶に来た選手たちを迎えました。

申し訳なかったなぁ・・・


連勝を期待して北九州まで来たサポも多かったんだろうけど、

サッカーは生モノ。何が起きるか分からない。

その結果が完敗と言える内容ならば、

それをしっかりと受け止めて、次に繋げなくては意味がない。

何が良くて、何が悪かったのか、

それは、プレーしていた選手たちが一番良く分かっていること。

この敗戦をまた一つの糧として、チームがもう一回り成長するのを、

私は大いに期待したいと思います。

そして、チームが成長するのと同じように、

サポーターである私たちも同じように成長していかなくてはならないと。

そんなことを考えさせられた北九州遠征でした。


北九州へは、大分でいつも一緒になるサポ仲間、戦友サポはもちろんの事、

関東在住のサポ仲間もはるばる参戦していて、

これがまた今週末の“3万分の1”として大銀ドームへ来るというので、

「じゃ、また来週、大銀ドームで!」なんて、

大分在住のサポと関東在住のサポが挨拶するという、

何とも不思議な光景がG裏では繰り広げられました。

普通じゃありえんわな。。。


帰りは「来た道を帰ればいいわな」という軽~い気持ちで出発したのですが、

北九州の都市高速・黒崎ICから乗ったのは良かったのですが、

どうやら進む方向を間違えたらしく、

都市高速に迷い込んでしまい、途中でUターン。

降り出しの黒崎ICまで戻り、そこから九州道へ入り、

珍道中の中、日付が変わらないうちに自宅へ帰りつくことが出来ました。

1時間のロスタイムがあったのに、計画より2時間も早く帰りついたのは何故に・・・?


さて。。。

いよいよ今週末は『大分総力戦』と銘打ったホーム・FC東京戦です!

北九州で一緒になった関東在住のサポ仲間の他にも、

関東・関西からもサポが集結する模様。

満員の大銀ドームで、大分トリニータの勝利する試合が見れるように、

私もしっかりと準備をして、当日を迎えようと思っています。

2011年6月28日 (火)

7.9 3万人動員プロジェクト。

明日のホーム戦は仕事で参戦出来ませんが、

週末のホームのようなアウェイ北九州戦参戦へ向け、

バタバタと準備に入っている今日この頃。

今日は、職場で何かとトリニータの事で職場のスタッフさんから声をかけられました。

主に7月9日の、FC・チーム一丸となって稼働している

『3万人動員プロジェクト』

について、でした。


パートのスタッフさん2人からだったんですが、

小学生の子どもさんがいる方たちで、子どもさんが、

学校からこのプロジェクトの案内?みたいなものを持って帰って来たそうなんです。

「トリニータの事なら、せいこさんに聞けば詳しく分かると思ってね」

とのこと。


任せなさい!!^^


早速、大分市内在住の市民なら、

保険証などの住所が分かる物を持参して、当日券売り場で見せれば、

誰でも無料で観戦チケットが入手出来るんだよ、

という事を説明してあげました。


スタッフさんの話では、

子どもさんたちは、特別サッカーが好きという訳ではないんだけど、

こういう時に見せて興味を持たせるのも一つの手かなぁ?と思って、とのこと。


私自身は、スポーツをしていたことはないんですが、

短大時代に所属していた人形劇のクラブで、

色んなところで公演をしていた時、

やはり、観劇するお客さんがたくさんいると嬉しかったんですよね。

ステージもそのレベルも全然違うけど、

ピッチで戦う選手たちも、ドームにたくさんの観客がいたら、

やっぱり嬉しいだろうし、テンション上がるだろうと。


今日お話したスタッフさんたちには、

「7月9日は19時キックオフで時間はちょっと遅いけど、

次の日は日曜日でお休みだし、ぜひぜひ観に来て!

分からんこととかあったら何でも聞いて^^」

と、目一杯アピールしました。


アピール、という点では、

私が個人的に毎試合前に実行している必勝祈願に向かう、

ニータン神社 こと 八幡竈門神社では、

社務所の掲示版がこんなことになってます。

F1000758 この横には、

こじんまりとした「トリニータコーナー」もあります。

そのコーナーの前には、

動員プロジェクトのチラシも置いて下さっていました。

そのチラシを数枚頂いて帰り、

早速我が愛車・NOTE(通称:クラトリ号)に貼って、

あちこち走り回っております。

F1000749 バックドアには、

「トリサポがのってます」

と書かれたマグネットステッカーを始め、

マグネットブルーリボンもペタッ。

車内には、トリニータ関連グッズがどっさり。

人が乗らず、ニータンが乗ってる?とちまたで噂です(←ホントか?)

トリニータのオフィシャルHPにWEBチラシが出ると、

それを貼って走ってます。

“大分トリニータ宣伝部・臨時部員”と勝手に名乗って?活動中です(苦笑)


監督・チームスタッフ・選手・FC社長をはじめとする社員一同、

今年のスローガンでもある“SORYOKU戦”の元、

大きく掲げられた『7.9 3万人動員プロジェクト』

サポーターでもある私も、微力ながら、

総力を挙げてこのプロジェクトに参戦していきます!

2011年6月27日 (月)

参戦予定覚書<7月号>

昨日は、自身開幕戦(岐阜戦)以来『大分よりの使者』を歌いました。

J2降格の年に“試合前”に良く歌われたこの『大分よりの使者』

やっぱり“試合後”に歌うのがイチバンです。


実に6試合ぶりの勝利でした。

先制しても追いつかれ、終了間際に追加点を入れられ負けてしまう。

昨日もPKで同点に追いつかれた時は、正直気が気じゃなかったです。

でも、2009年のある日、確かホーム清水戦の日に、

東京から遠征してきたサポさん2人をニータン神社へ案内した時、

偶然お会いした宮司さんがこんなことをお話して下さった事を思い出しました。


「勝てそうで勝てなくて、負け続けて、もうダメだ、どん底だって感じるけど、

それは逆にいえばパワーを貯めてる時。

ばねの要領で、時が来ればポーン!と跳ね上がって、勝つ時が来るんです」


この言葉を思い出し、「跳ね上がる時が今日だ」と信じて、

試合終了のホイッスルが鳴るまでただひたすらに声を出し、選手を鼓舞して行きました。


試合終了直後のゴール裏の雰囲気は、

“歓喜”というよりも「やっと勝てた」という、何というか“安堵”の風がどことなく。

どこかで同じ“風”を感じたなぁと思っていたら、

京都遠征の前に後半途中から出場?した、アビスパvsセレッソの試合終了の時の、

セレッソ側のゴール裏で感じたものでした。

開幕から勝ち点は取るものの「勝利」出来ずにいたセレッソ。

ようやく1勝目を勝ち取ることが出来た、という「安堵感」

「ここからがまたスタートだと思って、もっともっとチームが勝てるようにサポートして行きたい」

というようなことを、セレッソのコールリーダーさんも話しておられました。


この「勝利」を次の試合も、また次の試合にも続けられるように、

色んな形でサポート出来たらいいな、と思っています。


さて。

今日、7月3日から4週間分の勤務表が出来あがって来ました。

7月の勤務はほぼ決まったようなものでして、

その結果、以下の事が決まりました。


1.7月2日(土)アウェイ北九州戦参戦(既に決定済み)

2.7月9日(土)ホームFC東京戦参戦(3万人分の1になります)

3.7月17日(日)アウェイ横浜FC戦参戦(ホーム横浜FC戦に参戦出来ない為)

4.7月23日(土)ホーム湘南戦参戦(翌日放送大試験で休みを希望し、この日は夜勤明け)


北九州遠征の前日に梅田へ宝塚の公演を観に行くのも先月末に決定済み。

5月に休み申請が間に合わず、ほとんど参戦出来なかった代わりに、

7月はほぼ全試合に参戦出来る事になりました。

なんてったって、6月は実質4日分(ほとんどが試合参戦)しか休んでないんですから!!

7月はその分多く9日休みが入ってました。

それでも夜勤が6回ありますけどね。


相変わらず慌ただしく、激動の勤務に追われる毎日ですが、

サッカーを観戦出来る事、宝塚を観劇出来る事を楽しみに、

乗りきって行こうと思います。

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

たまぁ~につぶやいてます

試合日程

ジオターゲティング