« 安堵感。 | トップページ | 7.9 3万人動員プロジェクト。 »

2011年6月27日 (月)

参戦予定覚書<7月号>

昨日は、自身開幕戦(岐阜戦)以来『大分よりの使者』を歌いました。

J2降格の年に“試合前”に良く歌われたこの『大分よりの使者』

やっぱり“試合後”に歌うのがイチバンです。


実に6試合ぶりの勝利でした。

先制しても追いつかれ、終了間際に追加点を入れられ負けてしまう。

昨日もPKで同点に追いつかれた時は、正直気が気じゃなかったです。

でも、2009年のある日、確かホーム清水戦の日に、

東京から遠征してきたサポさん2人をニータン神社へ案内した時、

偶然お会いした宮司さんがこんなことをお話して下さった事を思い出しました。


「勝てそうで勝てなくて、負け続けて、もうダメだ、どん底だって感じるけど、

それは逆にいえばパワーを貯めてる時。

ばねの要領で、時が来ればポーン!と跳ね上がって、勝つ時が来るんです」


この言葉を思い出し、「跳ね上がる時が今日だ」と信じて、

試合終了のホイッスルが鳴るまでただひたすらに声を出し、選手を鼓舞して行きました。


試合終了直後のゴール裏の雰囲気は、

“歓喜”というよりも「やっと勝てた」という、何というか“安堵”の風がどことなく。

どこかで同じ“風”を感じたなぁと思っていたら、

京都遠征の前に後半途中から出場?した、アビスパvsセレッソの試合終了の時の、

セレッソ側のゴール裏で感じたものでした。

開幕から勝ち点は取るものの「勝利」出来ずにいたセレッソ。

ようやく1勝目を勝ち取ることが出来た、という「安堵感」

「ここからがまたスタートだと思って、もっともっとチームが勝てるようにサポートして行きたい」

というようなことを、セレッソのコールリーダーさんも話しておられました。


この「勝利」を次の試合も、また次の試合にも続けられるように、

色んな形でサポート出来たらいいな、と思っています。


さて。

今日、7月3日から4週間分の勤務表が出来あがって来ました。

7月の勤務はほぼ決まったようなものでして、

その結果、以下の事が決まりました。


1.7月2日(土)アウェイ北九州戦参戦(既に決定済み)

2.7月9日(土)ホームFC東京戦参戦(3万人分の1になります)

3.7月17日(日)アウェイ横浜FC戦参戦(ホーム横浜FC戦に参戦出来ない為)

4.7月23日(土)ホーム湘南戦参戦(翌日放送大試験で休みを希望し、この日は夜勤明け)


北九州遠征の前日に梅田へ宝塚の公演を観に行くのも先月末に決定済み。

5月に休み申請が間に合わず、ほとんど参戦出来なかった代わりに、

7月はほぼ全試合に参戦出来る事になりました。

なんてったって、6月は実質4日分(ほとんどが試合参戦)しか休んでないんですから!!

7月はその分多く9日休みが入ってました。

それでも夜勤が6回ありますけどね。


相変わらず慌ただしく、激動の勤務に追われる毎日ですが、

サッカーを観戦出来る事、宝塚を観劇出来る事を楽しみに、

乗りきって行こうと思います。

« 安堵感。 | トップページ | 7.9 3万人動員プロジェクト。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

たまぁ~につぶやいてます

試合日程

ジオターゲティング