« 遠征報告・北九州戦~ツアー編~ | トップページ | ちょっとばかりドライブ。 »

2010年10月 3日 (日)

遠征報告・北九州戦~試合編~

さてさて、北Q試合編。ですが。。。

水戸戦同様、あまりじっくりと振り返りたくない気もするんですが、あえて。


Img_1500 つらつらと書きつづる程の知識もないので、

私が感じたことをまずは箇条書き。


1.特に最近、トリニータの戦いには「迷い」が感じられる。

2.ギラヴァンツの「最後まで諦めない」粘りの戦い。

3.ギラサポに学ぶこと。


チームに感じる「迷い」

まぁ、最近にこしたことじゃないだろ?と言われればそうなのかもしれないけれど、

この試合で6試合勝てないでいる我らがトリニータ。

開幕戦のアウェイ柏戦では、負けはしたけど、

昨シーズンとガラリと変わったメンバーとしては善戦したと私は感じました。

初四国だった徳島戦では、当時2位だった徳島にまさかの3得点で完封勝ち。

帰り道、通りすがりの徳島サポさんが拍手で見送ってくれたのを懐かしく思い出します。

それなりの戦力を持っていると感じていたにも関わらず、

奇しくも今回の相手でもあった、今年J2初参戦の北九州とのホーム戦から、

調子の出ないトリニータになってしまった。

負けが混んで、連敗の数も増えて、それに反比例して観客数も減少し、

でも、苦しみ喘ぐチームを何とかして活気づけたいと、

毎試合、ホームへ、アウェイへと応援に駆け付けるサポーターも多くいます。

私もその一人。

「苦しい時こそ、しらしんけんトリニータを応援する」

という気持ちで、試合に参戦しています。

でも、もしかしたら、

私たちサポにも、何らかの「迷い」があるのかもしれない。

選手の「迷い」がサポに伝染してるのか。

その逆なのか。

相互なのか。

そう感じてならない試合内容でした。


その中でも、東のゴールはホントに気持ち良かった!!

ここのところの得点は、ミドルシュートが結構決まっています。

昨日の東のシュートも結構な位置からのミドルシュートでした。

バスツアーで一緒だったサポさんたちとも話したんですが、

「ゴール前で、もう迷わずにシュートを打てば良いのにね。みんな良い素質持ってるのにね」って。

北九州戦では、「今打て!」って思う場面が何度もありました。

素人目だから、実際はムリな状況だったのかもしれないけど。


今季J2初参戦となったギラヴァンツ北九州。

現在最下位ではありますが、トリニータとの試合ではホントに粘り強い、

「最後まで絶対諦めない」戦いを見せられました。

見ていて「うわ。ヤバい」と思った矢先のロスタイムラストプレーでの得点。

悔しいけど、今のトリニータに一番必要なものだと思います。

もちろん、諦めて戦ってはいないと思いたいですが、

きっとどこかに「油断」があったと。

これはサポにも言えること。

最後まで何が起きるか分からないのが「サッカー」というスポーツ。

去年の戦いで十分分かっていたはずなのにな。。。

Img_1502 「本城は、ほとんどトリニータのホーム状態だったよね」

帰りのバスでも話題になりました。

意外にも、黄色いギラヴァンツサポ(ギラサポ)の本城陸上競技場を占める面積は、

青いトリサポよりも小さかったです。

でも、逆にギラサポの皆さんに教えられた気もしました。

我が大分トリニータがまだ「大分トリニティ」と言っていた頃、

試合の応援に駆け付けたサポがたったの3人だったことがあった、

という話を聞いたことがあります。

それが、2桁になり、3桁になり、

「30000人応援プロジェクト」なんていうものまで企画された時期もありました。

そんなトリニータが今存在するのも、

「トリニティ」と名乗っていた頃から、チームを支え続けているサポーターや、

多くの人たちがいるから。

その過程を、ギラヴァンツ北九州は今現在歩んでいるんだなってことを感じました。

なんて言うか、「初心」を思い出させてくれた、というか。。。

Img_1503 自分自身がトリニータを応援するようになったきっかけとか、

今、チームの為に自分に出来ることは何だろうか?と改めて考えたり、

ギラサポさんたちの姿を見て、自分の姿を見つめ直しました。

私たちも、ギラサポさんたちみたいに、これからも着実に前へ進んで行かなくちゃな。

そんなことを感じました。


いや。しかしまぁ。

あの、ハーフタイムを挟んで40分程の間に集中して降り注いだ雨にはホントに参りました!

いつもアウェイ戦に参戦する時は、折り畳み傘とポンチョとビニール袋を必ず持って行くんですが、

今回は「何とか降らずにもつ」と信じて、

バスを降りる時、ポンチョとちょっと小さめのビニール袋だけを持ち出しました。

そしたらあの雨

「これに雷が鳴ったら“中止”になるんかなぁ?」なんて、戦友のサポさんとも話す程(笑)

おかげで、いつも参戦時に持って行くトリロゴ入りのバックはびしょぬれ。

初おろしのポンチョで全身ずぶ濡れは免れましたが、

Gパンの膝から下辺りがびっしょり。

帰宅して一番にお風呂のお湯張り準備をしたのは、言うまでもありません!!

当日現地で対面した、ツイッターで知り合った東京在住のサポさんが、

自他共に認める最強の「雨男」だそうで(笑)

「岡山にも行くので、しっかり雨対策しといて下さいね!諦めずにてるてる坊主くんたちも!」

と、本人から言われました(^^;

自慢の我が最強雨DFであるてるてる坊主たち、リベンジなるか?!


正直、今年のトリニータのJ1復帰はムリだと思います。

でも、最初っから「ムリだ」って思いながら戦ってたら、

勝てる試合も勝てやしない。

「引き分けで良いや」なんて思いながら戦ってたら、

引き分けで終われる試合も負けてしまう。

「必ず勝つんだ!」っていう気持ちで立ち向かわないと、

今の大分トリニータは前へ進めない。

試合を重ねる毎につくづく思います。

口で言うだけじゃなくて、目に見える形で、

私たちサポが納得する戦いを見せて欲しい。

そりゃ、J2で戦うよりJ1で戦う方が良いに決まっている。

でも、それは「大分トリニータ」がこの世に存在していない限り実現出来ない。

今シーズンは、今まで大分トリニータに溜まりに溜まった「膿」を出す時。

八幡竈門神社の宮司さんの言葉を思い出しながら、

今シーズンの最終節まで、思いつく自分に出来得る限りの行動を起こし、

しらしんけんトリニータを応援し続けようと思います。

« 遠征報告・北九州戦~ツアー編~ | トップページ | ちょっとばかりドライブ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

たまぁ~につぶやいてます

試合日程

ジオターゲティング