« 多忙な?6~7月。 | トップページ | 勝利を呼び込もう! »

2010年6月 4日 (金)

大分の誇り。

数日前。

ショートステイの利用者を自宅まで送って行き、

送迎車を駐車場に止め、職員玄関に入ったところで、

確か、札幌戦遠征出発当日に事務所で話した事務次長と出会いました。

お互い「お疲れ様です」と声をかけた後、

事務次長から不意にこう声をかけられました。


<事務次長>「トリニータ、なかなか勝てませんねぇ~」


先日話した時も、事務次長も時々大銀ドームへ行っていると言われていて、

どうやら、アウェイでの試合結果も気にされている様子で、

続けてこうも聞かれました。


<事務次長>「熊本へも行かれてたんですか?」

<私>「はい」

<事務次長>「そうですか~。お疲れさまでした」

<私>「たくさんのサポーターが集結したんですけどね、勝てなくて」

<事務次長>「なかなか難しいですね~」

<私>「今年はアウェイで力を見せてくれるんですが、ホームで全然ダメで」

<事務次長>「そうですよね~やっぱりホームで勝たんと、お客さんも来なくなるし」

<私>「そこなんですよね。今度の試合は何とかして勝ちたいですね」

<事務次長>「そうですね~!」


昨日は昨日で、用事で私が働く部署を通った事務長が、

私の姿を見て、通り過ぎる瞬間

<事務長>「トリニータ、頑張れ!」

と(^^;


みんながみんな、トリニータのサポーターと言う訳ではないんだけど、

職場にこんなサポがいると、何かと気になるようです。


アウェイ熊本戦の後、ボギョンのW杯韓国代表メンバー選出と、

チームにとって名誉なニュースが舞い込んだ我らが大分トリニータ。

ボギョン自身も、チームの状況を気にしているだろうと思います。

でも、そんな心配をさせてしまうことは、ホントは良くないと私は思うんですよね。

な~~んも心配せんでW杯の試合に集中して欲しい。

そういう状況にするのも、チームメイトのすることだとも思う訳で。


ゴール裏がリードするチャントに『九州の誇り』ってのがありますが、

大分トリニータは「九州の誇り」でもあり「大分の誇り」でもある。

『九州の誇り』のチャントを歌う度に、私はいつもそう思ってます。


登録選手の人数が少なくって戦術が浸透しにくいかもしれんけど、

若い選手が多くて、試合を落ち着かせる力がまだ弱いけど、

それでも大分トリニータは「九州の誇り」であり「大分の誇り」

私たちサポーターは、大分トリニータといつでもどこでもどんな時でも共に戦っている。

そんな想いを胸に、6日のヴェルディ戦に挑もうと思っています。


あ。

ゲーフラ作ろう!とか言いながら、まだ作ってなかったな。。。


今日は夜勤入りだし、昼間の時間と明日帰宅してからの時間を上手く使ってつくるとするか。

« 多忙な?6~7月。 | トップページ | 勝利を呼び込もう! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

たまぁ~につぶやいてます

試合日程

ジオターゲティング