« 存続危機との戦い。 | トップページ | 僕たちは大分トリニータ。 »

2009年12月22日 (火)

勝負の年末。

昨日、仕事帰りにトリニータ応援募金の振込に行ってきました。

この不景気のご時世に、そこそこの“賞与”を頂いたので、

その一部(ホントに一部。。。)ですが、協力させて頂きました。

また、最終的に年パスのランクも1つUPさせることにしました。

まぁ、ランクを上げても、向かうのはゴール裏なんですが。。。

私自身も、ひとり暮らしを始めて2年目となり、

それなりにお家の家計と自分自身のお小遣いの“予算”を立てて、

その枠内に年パスのランクアップが入ったことでクリアしました。

昨日、FCが再建計画を再提出したようですが、

どうなるのかな?

何とか存続の希望を持ったまま、年越し出来るといいな。。。

Jリーグからの融資が受けられなくなっても、

大分県全体でこの難関をクリア出来たら。。。

そんなことを思いました。


募金振込をして、どうしても見たいローカルニュースがあったので、

一旦自宅へ戻ってみたら、

ポストから、私にとっての2大趣味関係の届モノが出てきました。

ひとつはこれ↓

Img_1188 地元大分での公演で、

故郷に錦を飾った蓮城まことさんからのお礼のポストカードです。

以前は、宛名面の下に直筆でメッセージを書いていたけど、

さすがに「印刷」になりましたねぇ。

ファンクラブの会員もかなり多くなったと想像します。

というのも。。。

先般の大分公演の時、

蓮城さんのファンクラブに取り次ぎしてもらった座席チケットで、

お昼の公演を観劇しました。

1F席の後ろから数えた方が早い列での観劇でしたが、

夜の公演が5列目という夢のような席だったし、

舞台全体を見れて、私的にはとてもいい席でもありました。

第2部のショーでは、ポンポンを使って客席も参加出来るということだったけど、

大劇場でも見てないし、どんな場面でどう使うのか分からなかったので、

昼公演では、購入したポンポンはバックに入れたままにしてしました。

そんな中、左隣のお客さんはそそくさとポンポンを取り出し、

既にスタンバイOKの状態。

公演中も、バッチリの振りで参加されていました。

終演後、何の前触れもなく、その左隣の方と顔が合いました。

何となく話しかけました。


その方は、親子(母・娘)で蓮城さんのファンとのこと。

しかも、お住まいが北海道というではないですか!!

逆に住まいを聞かれ、自分は大分市在住で、

蓮城さんのことは初舞台の時から知っていて、

それ以来地元から応援している、ということを話しました。

それにしても、北海道からわざわざ大分まで来られたとは。。。

その方が言われるには、一度でいいから、

蓮城さんの出身地である大分へ行ってみたかった、とのこと。

そうしたら、全ツメンバーに蓮城さんが入り、

しかも大分も公演先に入ったので「これは行かねば!」と即計画したそう。

「いいところですねぇ~!食べ物は美味しいし、海あり山あり、温泉もたくさんあって」と言われてました。

素直に嬉しかったです。

自分自身がこよなく愛する地元大分の良さを分かって頂けていて。

「ぜひまたいらして下さいね!」とお話して別れました。


画像左は、お芝居の『情熱のバルセロナ』で演じたセルバンテス伯爵の扮装。

一時期、軍服を着る役が続いて、

「軍服のひろこ」なんてファンの間で言ってたことがあったけど、

燕尾服もサマになってきたなぁと、この時に思いました。

いやぁ~成長したねぇ~ひろこちゃん☆


真ん中と右の姿は、ショー『RIO DE BRAVO!!』のワンシーン。

若手総出演的場面で、大湖せしるさんと2トップみたいな形で登場しました。

そのシーン、なんとサッカーがモチーフで、

出演者皆が、海外のサッカーチームなどのユニを着て登場してたんですよ。

個人的に、蓮城さんにトリニータの青のユニを着て欲しいなぁ~

なんて思った場面でした(笑)

この場面は、結構ハードなダンスシーンがあって、

初舞台の時「ダンスは苦手なんです」と恥ずかしそうに言っていた蓮城さんが、

バリバリ踊ってるのを見て、これまた彼女の成長ぶりに感激!

これからどんどん前進して行って欲しいなぁと、心から思いました。


もうひとつの届モノというのがこれ↓

Img_1187 ウィニングゴール1月号。

哲平が表紙を飾っていました。

そういえば、先日ポポとのお別れにスポパへ行った時、

クラブハウスから哲平が出てくるのを見かけました。

その時側にいた方と、

「哲平さん、どうするのかなぁ」

って話しました。

他チームで選手生活を続けるのか。

完全に引退して、コーチなど現場に関わる立場で大分に残るのか。

哲平のことは、哲平自身が決めることではあるけれど、

個人的希望としては、山テツ同様、大分に残って若い選手たちを育てて欲しい。

「戻ってくる場所は大分だと思っている」という言葉が、何より嬉しかったです。


今日は夜勤入りです。

夜勤明けの明日、19:30発のフェリーに乗って、

24日、梅田芸術劇場で宝塚花組の公演を見に行ってきます。

今年最後の旅になりますね。

思い起こせば、今年の旅の始まりは、

モンテディオ山形の宮崎キャンプ(練習試合)見学から始まりました。

その後、1年お休みした福山里帰り。

トリニータのアウェイ戦には5か所。

山形へと移籍したこばりょうを応援するために、

モンテのアウェイ戦として、広島には2回も行きました。

最後のアウェイ参戦先だった京都では、

トリニータのJ2降格決定の瞬間にも立ち会いましたし。

辛い思い出が多い旅が多かったけど、

そんな一年も、あと10日程で終わりですね。

相変わらず慌ただしい年末になりそうだけど、

気を引き締めて過ごして行きたいと思います!

« 存続危機との戦い。 | トップページ | 僕たちは大分トリニータ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

たまぁ~につぶやいてます

試合日程

ジオターゲティング