« 明日からの元気の源を抱えて… | トップページ | 宮崎遠征・完結編 »

2009年3月 1日 (日)

遠征報告・宮崎編

パープレで夕食を調達して、21:00頃に帰りつきました。

往復とも、延岡周辺は日が暮れてから通過したので、

車も少なく、ついついスピードが出て、メーターを見て「おっとっと・・・」

そんな中で、無事に帰宅した私ってスゴイ???


さて、個人的には今年初めての生サッカー観戦となった、

モンテディオ山形vsベガルタ仙台のトレーニングマッチ。

我が自慢のクラトリ号の右隣にモンテディオ山形の車が止まって間もなく、

貸切バスに乗った選手たちが到着しました。

先に着いたのはベガルタの選手たちだったようで。。。

シーガイアへ向かう途中に立ち寄った「道の駅・日向」で買っておいたパンをパクついて、

試合会場となる多目的広場へ行ってみました。

グラウンドのすぐ横に、ワールドコンベンションセンターというものがあって、

そこへ直通する駐車場が2Fで、その通路からグラウンドが見渡せたので、

モンテサイドに近い場所から観戦することに。

すぐ下には、もう1台のモンテディオ車が・・・

Img_0513 トリニータのワゴン車と同じ役割をしているようで、

中には練習用具がどっさり!

山形から遠路はるばる九州へ来られたんですね!

おつかめさまです!


見始めたのが12:00過ぎ位からで、グラウンドの端では・・・

Img_0505 数人の選手たちでボールを使ったゲームをしていたり、

Img_0506グラウンドでは、こばりょうも加わってウォーミングアップをしていたり(中央でストレッチをしているのがこばりょう)

そんな様子を見ていたら、

試合に先発・サブで出るメンバーが、

村岡フィジカルコーチの指導のもと、フットワークを中心にしたトレーニングが始まりました。

Img_0507 ブラジル人ばかりのトリニータのコーチ陣に対して、

モンテディオは全員日本人。

それに、トリニータではこんな道具を使ってトレーニングしてたっけ?

と思いながら、何とも新鮮な感覚。

手拍子でリズムを取るんだけど、そのリズムも独特で・・・

他のチームのトレーニングを見るのも勉強になるなぁ!

なんて思ってしまいました。

フットワークトレーニング(っていうの?)の後は、ストレッチング。

Img_0508 他のコーチ陣も一緒にしているのが、一体感があっていいなぁ~

そういえば、新・W小林のもう1人は何してるんだろう???

とふと思い、グラウンドを眺めていると・・・

いた!!

Img_0509小林監督、お久しぶりです!

って、私は面識はないんですが、

大分トリニータに少しでも関心がある人にとっては、

小林監督は決して忘れることはない人物。

いよいよJ1で、古巣・大分トリニータと対戦ですね~

負けませんよ!

ちなみに、対戦相手のベガルタ仙台は、というと。。。

Img_0512今シーズン、トリニータに復帰した宮沢が昨シーズン所属していたベガルタ仙台。

J2では、山形に次いで3位だったんですねぇ。

サポ2年生の私にとって、J2にチームを間近で見るのは初めてでした!

そんなこんなしているうちに、時間は13:00前。 

両チームの選手が出てきました。

Img_0514 モンテディオのGKって、ユニが赤なんだ!

何か・・・強そ~(笑)

1セット目には、ブログでおなじみのNo7・宮沢が左サイドハーフで登場!

モンテディオは、左から攻める場面が多いみたいです。

宮沢が、新潟時代、慎吾とポジション争いをしていたというのがうなづけました。

Img_0515 でも、なかなか得点につなげることが出来ず、写真のようにベガルタに攻められる場面が結構ありました。

1セット目は、ベガルタが先制します。

その後、セレッソから完全移籍した古橋がゴールを決めて、

1-1で1セット目終了。


1セット目の試合中、

私が見学していた場所のすぐ下で、5人の選手がビブスを着てトレーニング開始。

その中に、こばりょうの姿を発見!

もしかすると・・・もしかするかも???

15分ほどのインターバルののち、2セット目開始。

Img_0516 まだモンテディオの選手を全員把握していなので、

誰か交代したのかよく分からず・・・

取りあえず、こばりょうはまだ出てません(笑)

2セット目は、モンテディオの動きがイマイチで、

パスは通らず、ベガルタに攻められっぱなしでひやひや・・・

そんな中、来ました!

Img_0517 「0」がくっついたとは言っても、

やっぱりあなたには「に」が似合うね^^

練習着に関しては、昨シーズンと同じ「ブルー」なので妙に違和感がなく、

でもその背番号が「に」ではなく「にじゅう」なのをみて、

「あぁ、こばりょうはトリニータじゃないんだ」

と改めて認識させられた瞬間でした。

DFラインはラインなんですが、なんと、トリニータではまず見ることがなかった、

左サイドバックでの登場!

「サイドのスペシャリスト」の異名をとどろかせることになるのか?!

こばりょうの投入で、パスの流れは少しずつ良くなっては来たものの、

やっぱり流れはベガルタ。

2ゲーム目では、ベガルタに2点も入れられてしまいました。。。

おいおい。。。

気を取り直して、3ゲーム目。

Img_0521 3ゲーム目には、グログの3帝王の1人、GKの鈴木が登場!

他は2ゲーム目終了時と同じ様子。。。

取りあえず、こばりょうはいました(笑)

そういえば、

モンテディオって4バックシステムなのよね?

そう思って、こんな写真も撮ってみました。

Img_0522 基本フォーメーションは4-4-2。

オプションとして、4-2-3-1もあるそう。

この写真で、旗のすぐ上に写っているのが、

2ゲーム目に引き続き、左サイドバックに入ったこばりょう。

手前ミソかもしれないけど、

“カメナチオ”なトリニータの守備を身につけたこばりょうなので、

登場してから、特に守備に大貢献!

コーナーキックのセットプレーでも、身体を張ってのクリアシーンを何度も見て、

「おぉ~~!」と思わず声を出してしまった私。。。

ホントは、得点する姿を見たかったけどな~

3ゲーム目に、チーム始動後に加入が決まったFW・ジャジャ(背番号32)が得点!

2ゲーム目に比べれば、パスのつなぎも良くなってきてたけど、

ベガルタにダメ押しを入れられてしまい、結局2-4でベガルタの勝ち。

残念でした。。。


試合を見ていて思ったのは、

いかにトリニータの守備が堅いか、ということ。

見ていて、トリニータなら確実にクリアするであろう場面も、

モンテディオは簡単に突破されていました。

ここんところを修正しないと、“カメナチオ”なトリニータには勝てませんぞ(笑)

あと、ジャジャがまだ上手く機能していないように見えました。

まぁ、最後に合流しているから、まだこれからなのかもしれませんが。。。

ただ、ジャジャがシステムにフィットした場合、

決定力はUpしそうな気がしました。

これは油断大敵です!


対戦相手だったベガルタも、いい動きをしてましたよ。

バランスが取れたチーム、というのを、こんなチームのことを言うのかな?

今季のJ2では、ベガルタに注目してみようかな?なんて思ったほど。

ぜひともJ1の舞台で、モンテ共々、トリニータとの試合を見てみたいチームです。


試合が終わって、ベガルタサイドのエリアで観戦していた人たちが、

ぞろぞろと階段を降りて行ったんですが、

その中に、なぜか石さんが!

ベガルタの偵察だったんでしょうねぇ~

そして、そのままモンテサイドのネット裏に。。。


ん???

そこに石さんが行くならば、必ず来るでしょう!!

絶対来るでしょう!!!

と思っていたら、来た来た(笑)

Img_0527 背番号20がこばりょう。

その右にいるのが、おそらく長谷川悠(背番号15)

こちらを向いているのは、渡辺匠(背番号5)

こばりょうとハセは、柏からのレンタル移籍組なので、

石さんとの繋がりは分かるのだが、

渡辺はなぜに???

調べてみたところ、なんと、前所属の川崎フロンターレ時代に、

石さんが監督だったんですねぇ~

スゴイ場面を激写しちゃった!(笑)


ほぼ同じ時間に、アビスパ福岡と親善試合をした我らが大分トリニータ。

3-1で勝利したようですねぇ~

昨シーズンも、確かプレマッチでアビスパと対戦して、

引き分けだったっけ?勝てなかった、というのは覚えてるんだけど。

今シーズンも、トリニータは行けそうですね!


そんなこんなで、今年初の遠征は無事に終了いたしました!

何より、こばりょうが元気に頑張っている姿を間近で見れたことが、

何よりの喜びです!


こばりょう!4月は九石ドームで待ってるぞ!!

絶対勝たせんけんな!!(笑)

« 明日からの元気の源を抱えて… | トップページ | 宮崎遠征・完結編 »

コメント

たいへんおつかめさまです。。
せいこさん一人で走破したんですよね?!
走行距離、結構行ったでしょ??
ドライバー向きかも!

 
所で!
こばりょうには声かけしなかったんですか?
サインでも、もらえばよかったのに(笑)


モンテもそうでしょうが・・・
初めはJ1のスピードに慣れないでしょうね。
やはりプレーレベルが高いから、判断も早くしていかないといけないですからね。
昨日のアビスパ戦もそんな感じでした!

広島が、前回上がって苦労したのもそんな所だと思います。

トリも伊達に6年もJ1やってないんですから!


家長はやはり、華がありますね!
プレーの一つ一つに観客から歓声がありました。
ムウとは全然違うプレーですから、今年は新しいトリが見れそうです。

7年目のJ1シーズンもいよいよ開幕!!

せいこさんこんにちは♪そしてお疲れ様でしたm(_ _)mせいこさんのレポ読ませていただきましたがやはりトリニータと比べるとまだまたと感じる点もたくさんあった様ですね。やはりJ2から上がってきたばかりのチームとの力の差を感じたのではないですか?山形にはレンタル移籍でうちの選手が居たため(今年京都に移籍しましたが)注目していたチームなので頑張って貰いたいです!

>kaboさん
おつかめさまです!
今朝出勤する時に確かめたら、往復でトータル363.8キロ走ってました!
1日で往復してたら、きっとダウンしてましたね(苦笑)前泊選んで良かったかも!

決してJ2のレベルが低いという意味ではないんですが、J1の試合をこの1年で多く見てきたサポ2年生の私にも“あれれ?そこで突破されちゃいけんでしょ?”とか“狙って打てばいいのに~”とか思う場面が結構ありましたね。
モンテも堅守のチームと聞いてますが、ベガルタはそれを上回るカウンターからの攻撃力があるなぁと感じました。
J2で通用した力が、J1でどこまで通用するかがモンテの最大なる課題になるのかもしれませんね。

今朝の新聞でも、家長の活躍振りをかなり評価してましたね。
元々力を持っている選手なので、今年は一気にブレイクしそうですよね!
昨年のアウェイ初参戦の神戸戦で、途中出場した時のあの“ドキドキワクワク”が、今年は開幕から見れるかもしれない!というのが、ホントに楽しみです!

何だか、ピッチでプレーするこばりょうの姿を見れただけで満足しちゃって(苦笑)写真撮って、生眼で見て、の繰り返しでした!
松岡でのそうなんですが、なかなか選手に声をかけれないですね。。。

>りえさん
こんにちは!
比べること自体が間違ってるって分かってるんですが、でもやっぱり比べちゃいますね。
同じ「堅守」のチームというので、どんな堅守ぶりなのかな?と思ってたんですけどねぇ。
でも、負けたからと言って悲観することもないし、逆に課題も見えてきた訳だから、モンテディオにとっては価値のある試合だったのかもしれないなぁと思いましたよ。

同じJ2→J1へというステップを踏んできた同士のトリニータとモンテディオなので、モンテにもトリニータと同じようにJ1で長く戦ってほしいなぁと思います!
好敵手としては、J1でも続きそうな気がする私です。

この記事へのコメントは終了しました。

« 明日からの元気の源を抱えて… | トップページ | 宮崎遠征・完結編 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

たまぁ~につぶやいてます

試合日程

ジオターゲティング